脱毛サロンで産毛も脱毛できるの?

脱毛サロンで産毛を脱毛するのは、少し難しいといわれています。
なぜかというと、それは光脱毛の仕組みを説明すればすぐに理由がわかります。
そもそも光脱毛は特殊な光を毛穴の毛母細胞に照射し、その熱と刺激でムダ毛が生えてくるサイクルを減らしていき、
最終的に脱毛に繋げるものです。
この特殊な光というものが、毛根にあるメラニン色素に反応しています。毛の黒い色素のことですね。
なので、産毛にはほとんどメラニン色素が含まれていません。
そのため光脱毛の光が反応せず、攻撃できないので結果的に毛母細胞を破壊することができないのです。
これは光脱毛だけでなく、医療機関で行っている医療レーザー脱毛でも同じことがいえます。

 

仮に産毛を脱毛できるほどの強力なレーザーを肌に当ててしまうと、まず間違いなく肌は火傷してしまうでしょう。
それだけ強力なレーザーをサロンやクリニックが認めることはまずありえないので、
産毛の脱毛を依頼することは難しいでしょう。
ただ、脱毛効果が得られないのはごく細い産毛の中でも透明なものに限られます。
ちょっとでもメラニン色素が含まれる黒い産毛ならば脱毛効果もある程度期待できるでしょう。
端的にいってしまえば、肌よりも色が濃いムダ毛は処理が可能、ということです。
逆に肌よりも透明な産毛は脱毛できません。
もしどうしても産毛の脱毛を希望するのならば、ニードル脱毛法という手段があります。
現在主流の脱毛法ではないので行っているクリニックは多くないですが、これは毛穴一本一本に針を刺して
細胞を破壊しているので、産毛かどうかなどは関係なく脱毛ができます。