MENU

毛抜きによる自己処理

かみそりや電気シェーバーを使わずに、毛抜きで1本1本ムダ毛を抜いて処理する方法は、膨大な時間と手間がかかりますが、処理後はとてもキレイになりますよね。
毛抜きを使ってのムダ毛処理を行う際には、あらかじめ肌を清潔にしておくことが大切です。
ムダ毛が長い場合には、抜きやすくするために、ハサミなどで短くしておきましょう。
また、ムダ毛が気になる部分は、ホットタオルなどで温めると、毛穴が開いて毛が抜けやすくなります。
特に、お風呂上りは、肌も温まっていて、清潔なのでおすすめです。
毛抜きでムダ毛を処理する時には、毛の流れに沿って抜くとスムーズに行えます。
また、毛を抜く際に肌をひっぱると、痛みが少なくなります。
毛の流れに逆らって抜くと、根元から抜くことができなくなりムダ毛が残ってしまうので注意が必要です。
皮膚に残ってしまったムダ毛は、埋没毛となり、医療機関などで脱毛しないとずっと残ってしまう可能性があります。
ムダ毛の自己処理が終わった後は、ローションなどを使って肌を保湿しておきましょう。
また、肌が赤くなってしまったら冷たいタオルで冷やしたり、出血をしてしまった場合には、すぐに消毒をして肌トラブルを回避しましょう。