MENU

毛抜きや毛を抜くタイプの脱毛器によるムダ毛処理

毛抜きなどのムダ毛を抜くタイプの家庭用脱毛器は避けた方がいいというのは、事実でしょうか?
なるべく避けるべき、というのが基本のようです。
毛抜きや毛を抜くタイプの脱毛器による脱毛は、肌への刺激が大きく負担をかけるため、肌荒れなどの肌トラブルが起きやすいのです。
このような方法で脱毛した場合、埋没毛や色素沈着、毛嚢炎などの肌トラブルを起こしてしまう危険性があります。
埋没毛は、皮膚の中にムダ毛が埋まり、そのまま皮膚の中で毛が成長してしまったことをさします。
1度毛が埋まってしまうと、抜くことができないためにそのまま残って見た目が悪くなってしまいます。
また、無理にムダ毛を抜いてしまったために、脱毛をした部分の肌の色が変色してしまうことを色素沈着といいます。
他の部位と肌の色が異なるため、目立って見た目が悪くなります。
肌トラブルの1つである毛嚢炎は、毛を抜いたところから細菌が入って炎症を起こします。
炎症を起こしている部分は痒みや痛みを伴い、薬を処方する必要があります。
毛抜きや毛を抜くタイプの脱毛器を使うと、このような肌トラブルを起こすリスクが高まるので、なるべく避けるようしましょう。