脱毛、あなたなら医療機関?それともエステ?

夏、薄着になる季節、女性にとって気になるのはムダ毛のこと。夏は新陳代謝が活発なのでムダ毛の生えるスピードもはやく、よってムダ毛処理も頻繁にしなくてはならないのが悩みの種。自分でムダ毛処理をしてもシミが残ったりお肌が荒れたりして、その仕上がりにはなかなか満足できないもの。「面倒くさい」とエステや医療機関でムダ毛処理をしてもらおうと考える人も多くなります。あなたならエステ脱毛と医療機関での脱毛、どちらを選びますか?その違いを考えてみましょう。美容整形などの医療機関で行う脱毛は、レーザー脱毛や電気脱毛、実は、エステサロンでのレーザー脱毛は禁止されていて、レーザー脱毛は医療機関でしかできないのです。レーザー脱毛では、毛根部分にレーザーを当て、毛根部分を破壊するという脱毛方法です。そのため、永久脱毛になります。レーザーなどの光を当てての脱毛は医療行為とみなされているのです。医療機関で行う脱毛は短い期間で永久脱毛が可能です。対するエステでは、IPL脱毛。フラッシュや光を使う脱毛の方法です。光を使うという点では医療機関での脱毛と同じかと思いますが、毛根を破壊するのではなく損傷させるという点で異なります。永久脱毛ではなく、ムダ毛を生えにくくさせるという効果があります。そう考えると、医療機関での脱毛とエステでの脱毛、どちらがいいかというと、永久脱毛ができる医療機関での脱毛のほうがよいと考えるかもしれませんね。また、脱毛後のお肌トラブルやお肌のケアにも医療機関なら対応してくれます。ただし、脱毛を行っている医療機関ならどこでも、というわけにはいきません。脱毛は保険適用外なので料金設定やその技術力などを口コミで調べ、より信頼して脱毛をお任せできる医療機関を探しましょう。